倉吉市、北栄町、琴浦町をはじめ、鳥取県中部にてお墓・石材のお仕事をさせていただいております景山石材です。これからこちらのブログにて、当店の情報の発信や、施工の様子などをご紹介して参ります!よろしくお願いいたします。
初回の今回は、鳥取県北栄町のお寺様墓地にて、既存のお墓のある墓地内に、お墓の新設をさせていただいた際の様子をご紹介いたします!

 

【鳥取県北栄町お寺様墓地 お墓新設】

 

今回のお客様は、お寺様からご紹介いただきました。県外にお住まいのお客様で、お電話でのお問い合わせです。すでにお墓をお持ちでしたが、自分たちの入るための新しいお墓を建てたいというご相談でした。早速、お墓を見に行かせていただきます。

 

こちらがお客様のお墓です。とても広い墓地で、ご先祖様からの代々のお墓・戦争で亡くなられたご先祖様のお墓など、立派なお墓や灯篭が立っています。この中の一角に、ご自分たちのためのお墓を新しく建てたいということでした。

 

墓地自体はとても広い敷地がありましたが、その中に色々なものが建てられているため、新たにお墓を建てるとなるとどうしても窮屈になってしまうのではとも感じられましたので、すでにある代々墓を作りなおしたりする方法もお伝えしましたが、なんとか新しいものを建てたいと強くご希望されました。ですので、お客様とご相談の上、霊標の場所を動かして、空いた場所に新しくお墓を建てることになりました。

お墓についてのご希望としては、背の低い洋型のお墓がいいということでした。背の高いお墓は、地震の際などに大丈夫だろうかというご心配もあったようです。デザインを数パターンご提案させていただき、その中からご希望に近いものを選んでいただきました。

 

実際に見ていただいたデザインです。こうしたものを数種類見ていただき、細部などはご希望に合わせて調整していきます。
石種については、既存のお墓は、古くからこの地域周辺で使われていた墓石の色を基本として建てられていましたが、建てられた時期によってそれぞれ別の石種でした。逆に言えば全く同じ色合いで作るのは難しいので、できるだけ既存のお墓との違和感がないような色合いのものを基本としてお選びいただきました。同系色の石としては、安価で手に入りやすい中国材と、若干高額でも耐久性のあるインド材をご提案しました。以前に国内産の同系色の石を探したことがあったのですが、なかなか手に入りにくかったことから、この2種をご提案させていただき、インド材の方をお選びいただきました。インド産の青みの濃い御影石、M13という石です。

 

お墓正面には、お客様のご希望で「絆」の文字を入れることになりました。石に彫刻を施して、霊標の移動とお墓への据え付けを終えると、完成です。

 

完成しました!

霊標は、お墓の右手前の灯篭の横に移動しました。ここには以前は古い灯篭があったのですが、今回撤去して霊標を設置しています。

 

こちらが完成したお墓です。お墓の正面には、お客様のご希望の「絆」の一文字がしっかりと深く彫られています。全体に落ち着いた印象の、高級感ある仕上がりです。

お線香立ても、洋型のお墓に合わせて何パターンかご提案しました。屋根付きの伝統的なお線香建てをお選びいただきました。

 

お墓の手前には、石を貼りました。以前は手前の色の違う石のあたりまで敷いてあったのですが、お墓の前まで安全に歩いていけるようにしました。表面は、バーナー仕上げで滑らないように加工しました。神社の参道などでも使われる仕上げ方法です。雨と雪が多い地方なので、当店では十分に安全に配慮して、基本的にはすべてバーナー仕上げをお勧めしています。

 

お客様のご希望で、お墓の背面と霊標の両方に、ご納骨された方のお名前を彫刻しました。

 

完成したお墓をご覧になったお客様は、「希望通りです!」と喜んでくださいました。打ち合わせも十分にさせていただきましたので、お客様のご希望をしっかりと形にすることができたのではないかと思っております。

今回のお客様は、ご先祖様からのお墓を大切に守っておられる方で、戦争で亡くなられたご先祖様のお墓もとても大切にされており、墓地内の立派な碑文に思いの強さが感じられるお墓でした。そうした思い入れのあるお墓の一角に、安全性にも十分配慮した、ご自分たちのための立派なお墓が完成し、安心していただけたのではないかと思います。今後も、お困りのことなどございましたらお気軽にお声かけいただければ幸いです。