倉吉市、北栄町、琴浦町をはじめ、鳥取県中部にてお墓・石材のお仕事をさせていただいております景山石材です。琴浦町の地域墓地から、北栄町のお寺様墓地へお墓の移設をさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

北栄町のお寺様墓地への改葬

 

北栄町のお寺様墓地にお墓をお持ちのお客様からのご相談です。お引越し先となるお寺様のつながりでご相談を頂きました。

 


こちらは移設前のお墓です。琴浦町の地域墓地にありました。道路拡張のためにお墓を移動する必要があり、お住まいの近くのお寺様墓地への移設をご希望でした。墓地の中には、大きな代々墓から小さな古いお墓まで、たくさんのお墓が並んでいます。数が多いので、すべてを移設するのは難しい状況でした。

 

こちらは代々のお墓です。こちらのお墓と手前の灯篭一対は移設をすることになりました。お花立て、線香立てなども移設します。

 


代々のお墓の後方には、古いご先祖様のお墓がたくさん並んでいました。後方に置いたブロックは、塔婆立てとして使われていました。

 

墓所の奥にも同じようにたくさんのお墓が並んでいます。ひとつひとつにお花立てやお線香立ても置かれていて、大切にお参りされてきたのが分かります。ただ、今回はすべて移設することはできないということで、新しく供養塔を建ててひとつにまとめてご供養をすることになりました。

お見積もりや、移設先のお墓のご説明等を差し上げて、ご了承いただいたら工事が始まります。

 

移設の準備に取り掛かります。お墓をすべて取り外し、更地に戻しました。こうして見ると、たくさんのお墓がこれだけの広いスペースに並んでいたことが分かります。ひとつひとつお参りされるのは大変だったことと思います。

 

移設先の墓地です。通路内の一番奥にある墓地で、入り口には階段が付いています。このスペースに、代々のお墓と灯篭一対、そして今回新設する供養塔を設置します。

 

移設が完了しました!

 

移設してきた代々のお墓と灯篭です。この機会にクリーニングしてきれいにしました。お花立ても移設してきましたが、中の花筒はステンレス製のものをお入れしました。以前ブロックを使われていた塔婆立ては、今回新設しています。

 

お墓の手前には今回新設した供養塔を配置しました。古いお墓の下の土を少しずつ持ってきており、今後は古いご先祖様をこちらでまとめてご供養されることになりました。限られたスペースにお墓と五輪塔、灯篭一対を設置するため、入り口階段から入ったところに拝石を広く設置して、お墓と供養塔の両方にお参りしやすいように、安全にお参りできるように配置を工夫しました。雨や雪が多い場所なので、表面はバーナー仕上げで滑りにくくしています。

入り口階段は登りやすく安全にし、こちらも表面をバーナー仕上げにしました。新しく設置した外柵は、お隣との仕切りとしての役割をしっかり果たしながらも、もともとあったお墓の囲いの石垣部分との一体感もあり、すっきりした仕上がりです。

 

お客様には、「うまい具合に入ったね~」と感心していただけました^^ 配置については色々と考えて工夫して仕上げましたので、気に入っていただけて良かったです。

今回は、お墓の移設のご相談でした。移設先の限られたスペースの中でも、お参り部分を広くとって快適にお参りいただけるようにしたことで、ご満足いただくことができました。灯篭と供養塔の位置を逆にする方法など、色々なパターンを考えた結果、一番お参りしやすいと思える配置をご提案しました。これまでたくさんのご先祖様のお墓を大切にお参りされてきたお客様には、そのお墓をまとめるのは寂しいお気持ちもあったかもしれませんが、この移設を機にお参りも楽になったことで、これからも末永く、大切にお参りいただけることと思います。お困りのことなどございましたら、どうぞお気軽にお声かけくださいませ。