倉吉市、北栄町、琴浦町をはじめ、鳥取県中部にてお墓・石材のお仕事をさせていただいております景山石材です。琴浦町にて、山の上からお墓の移設をさせていただいた様子をご紹介いたします。

 

琴浦町 改葬

 

お墓の移設のご相談をいただきました。山の上にあって管理が大変なお墓を、管理しやすくお参りもしやすいお寺の墓地へ移設したいということでした。

 

こちらがお引越し前のお墓です。かなりの歴史のあるお墓がたくさん並んでいます。大きな木のすぐそばにあり、たくさんの木の葉が落ち、お墓には苔などの汚れもたくさん見られます。

 

全部で6基のお墓と、灯篭もあります。お客様が以前からお世話になられているお寺様に墓地があり、そちらへ移設することになりました。移設にあたり、この機会に古いお墓を整理して、よりコンパクトでシンプルな墓地にすることも検討されましたが、お寺のご住職様にも相談されると、お墓はこの家の歴史だからできるなら残してはどうですか?とお話があったそうで、すべてのお墓をお寺様の墓地へ移設することになりました。

移設工事の工程としては、まずは移設先の墓地の整備から始めました。新しい墓地の外柵を設置して基礎工事を行い、基礎の養生が済んだら山の上のお墓を移設して設置していきました。

 

移設が完成した様子です。中央に比較的新しい代々墓、その周りに灯篭や古いお墓を配置しました。お墓はすべて、苔などを落とす簡単なクリーニングをしてから設置しました。手前の来待石の灯篭は、強引にクリーニングすると傷めてしまう可能性がありましたので、そのまま移設しています。

 

中央の代々墓は、手前に線香立てを新設しました。ステンレス製の花筒で、清潔でお手入れしやすいお墓です。

 

側面からです。後方の古いお墓にも、お花立と線香立てを設置して、お参りできるようにしました。こうして移設してきた古いお墓は、あまり個別にお参りされることはないかもしれませんが、「せっかく一緒に山から下ろしてきたんだから」と今後もお参りされることをお客様がご希望でしたので、このような形にしました。

 

代々墓の後方には、新しい塔婆立てを作成して設置しました。これまでお墓のあった場所は山の上で、大きな木がすぐそばに生えているような場所でしたので、塔婆立てを設置するスペースがありませんでした。ご希望で設置して、ご法要の際などは便利になりました。

また、自然石を利用した古いお墓はグラつかないように、台座石の上にしっかりと接着して据え付けました。

 

物置石も今回新たに設置しました。お花やお供え物を仮置きしたりするのに使用したり、ちょっと腰掛けて休憩していただくこともできます。

お客様は、移設が完了したお墓の様子に、きれいになってお参りもしやすくなったととても喜んでくださいました。これまでのお墓は、石段や坂道をかなり登らなくてはならなかったため、お参りがとても大変だったそうです。お掃除にしてもたくさんの落ち葉などでとても時間も手間もかかったと思いますし、お墓までの道のりも、ご高齢になればなるほどもっと大変になっていったことでしょう。移設することでお歳を召しても安全に快適にお参りいただけるようになり、本当に良かったです。これからも安心して、大切にお参りいただけますと嬉しく思います。